Category Archives: 未分類

異物を流さないようにしよう

トイレはいろいろな物を流してくれますので、ついつい異物を流してしまうこともあるのではないでしょうか。かつてタバコの吸い殻もトイレのつまりの理由として多かったように、トイレで流せばバレないという理由から、色々な物を流す人がいるのです。このような行為も当然トイレのつまりを引き起こす理由の一つです。

また、異物と聞くと大げさに聞こえるかもしれませんがティッシュペーパーでさえトイレにとっては異物です。トイレットペーパーと違い、ティッシュペーパーは水に溶けません。少量程度であれば良いのですが大量のティッシュペーパーは残念ながらトイレのつまりの原因となりますのでこちらも控えるべきです。

特にトイレットペーパーを切らしてしまったがためにティッシュペーパーを使い、つまらせてしまうケースはとても多いです。確かにそのような時、ティッシュペーパーはトイレットペーパーの代わりを果たしてくれるありがたいアイテムではありますが、水溶性ではないため、量が多いとトイレのつまりの原因となってしまいます。トイレットペーパーが無いから仕方がないと思うかもしれませんが、トイレにとってはティッシュペーパーは異物でしかないと知っておきましょう。

節水のし過ぎは危険!?

盲点といえば盲点ですが、節水のし過ぎがトイレのつまりの原因となるケースもあります。トイレの節水の原理として、流す際の水量を少なくすることで水道代を浮かせようというコンセプトです。確かに節水効果はありますが、流す水の量が少ないので本来であれば流れていく物が流れず、つまってしまうケースがあるのです。

しかも水だけは流れていきますので、トイレの排水口の思わぬ部分に引っ掛かってしまう形になり、自力での解決が不可能なのです。更に、節水をしているだけであって自分自身はつまってしまう原因となる行為に対して身に覚えがないだけに、そもそもなぜつまっているのかさえ分からずに混乱してしまうのです。

確かに節水も大切かもしれませんが、節水が過ぎると物を流す力が弱まるので、排水口まで上手く流れずにつまってしまうのです。節水のためにと思って水量を調節しても、トイレがつまって結局業者を呼んでお金がかかると節水効果など一瞬で消えてしまいます。何かつまっているのかと思って思い出したかのように勢いのある水量で流しても後の祭りです。つまってから水流を強くしたところでそれらの水は流されずに逆流するだけですので、日ごろから過度な節水は控えるべきです。

トイレを詰まらせない方法

日常生活に於いて、思いがけないトラブルに見舞われることは決して珍しくありませんが、特に困るのが水回りなのではないでしょうか。水のトラブルだけは自力ではどうにもならないと嘆く人も多く、特にトイレに関してはもはや自力でなんとかするのは難しいほど。そのため、トイレをつまらせないための方法を知っておくべきです。トラブルに見舞われてからどうするのか悩むのではなく、トラブルに見舞われない方法を知っておくべきですが、トイレのつまりは思わぬ理由によって起こるケースもあります。

単純な理屈として、トイレの排水も水道管と繋がっていますので、排水溝よりも大きな物を流せばつまります。水に溶けていくものであれば時間と共につまりも解消していく可能性がありますが水に溶けない、更には排水口よりも大きなものを流せばトイレがつまるのは必定なのです。このような理屈は誰もが何となくご存知かとは思いますが、それ以外にもトイレのつまりをもたらす理由がいくつかありますので、一体どのような理由でトイレがつまるのかを説明します。

トイレがつまるとトイレが使えなくなる不便さのみならず、精神的にも追いつめられます。いつ改善するのか分からない不安、どうすれば良いのか分からない焦り。時間帯によっては誰にも相談出来ない可能性さえあるのです。トラブルに対してどうすべきかも大切ですが、トラブルにならないために覚えておくべき知識もあるのではないでしょうか。